メニュー

クリーンなエネルギー社会
向けた製品開発

キッツグループは、国内のバルブメーカーとして初めて、
次世代エネルギーの本命と言われる
水素を動力源とする燃料電池自動車に、
高圧の水素を供給する水素ステーション用ボールバルブを
開発するなど、
ESG(環境・社会・ガバナンス)の視点からも、
環境に配慮した製品の開発に力を入れています。

水素は地球上で最も軽い気体で、無色・無臭・無害で、
一番単純な構造の物質です。
燃焼させると酸素と化合して、水になり、
他に有害なガスを発生しないといった特徴もあります。
水素は、日常用でも家庭用燃料電池「エネファーム」や
二次電池(ニッケル水素電池)で使われており、
水素からエネルギーを取り出して、モーターを回したり、
電源や熱源として利用することができます。

空気に4%混ざると燃える気体になる水素ですが、
拡散性が高く、解放した空間で、濃度4%になることは、
ほとんどありません。
『素早く拡散する』という安全確保上有利な物性は、
実験でも証明されています。

お問い合わせ

製品に関してご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

参画グループ会社